2018.03.30

ウェディングブーケのリメイク ~時を経て再び~

先日、ホームページのお問合せ欄から、

 

 

「9年前の結婚式に使ったプリザーブドフラワーのウェディングブーケを何とかリメイクして欲しいです」

 

 

という、ご相談をS様から受けました。

 

 

9年前・・・あせる

 

 

即答は出来ないため、一度そのブーケを拝見させていただきたいとお返事させていただきました。

 

 

幸いにもS様は、市内にお住いの方でしたので、後日そのウェディングブーケをアトリエにお持ちいただきました。

 

 

ウェディングブーケを箱にしまったまま約9年、ご主人の転勤等でお引越しを何度か繰り返えされていたS様。

 

 

箱に入ったままのウェディングブーケをずっとずっと気にされていたそうです。

 

 

9年前のウェディングブーケがこちらビックリマーク

 

 

 

DSC_0001

 

 

 

ピュアホワイトとシャンパンホワイトのローズと、白紫陽花のプリザーブドフラワーのウェディングブーケ・・・

 

 

 

DSC_0003

 

 

 

退色は勿論ですが、ブーケの下部のローズは、残念ですが潰れてしまっていました涙

 

 

プリザーブドフラワーの瑞々しい質感も、もう既にない状態です。

 

 

それでも、大切な大切な結婚式の思い出をどうしても残しておきたいとおっしゃるS様。

 

 

そして出来る限り、このブーケの花材を使って仕上げて欲しいというご希望でした。

 

 

一度全て解体し、花びらの先が切れたり潰れたりしているローズを一輪一輪、丁寧にリペアさせていただきました。

 

 

 

大切なご夫婦の思い出のウェディングブーケのリメイクドキドキ

 

 

新築された現在のご自宅に飾って、いつまでも見ていただけるように、大きなガラス付きフレームBOXの中にお二人のウェディングブーケを再現しましたラブラブ

 

 

 

DSC_0013

 

 

 

シャビー感のあるアンティークなインテリアに変身しました音譜

 

 

おリボンも、そのまま使って。

 

 

 

DSC_00110330

 

 

 

S様のご希望で、お二人の頭文字と結婚式の日付を入れて(*´∇`*)

 

 

ガラス付きのフレームBOXなので、埃の心配も形崩れの心配もご無用です。

 

 

現在は、お二人の可愛いお子さまにも恵まれ幸せに暮らしているS様。

 

 

あの日のお二人の素敵な思い出をいつまでも忘れませんように・・・おねがい

 

 

ようせいのしっぽでは、ウェディングブーケのリメイクも承っております。

 

 

保存状態によりお受け出来ない場合もありますが、出来る限り対応させていただきます。

 

 

クローゼットや押し入れの中で眠ったままのウェディングブーケ、

 

 

もう一度見直してみませんか。